2015年03月19日

【レシポ】レシートで商品券ゲット! Amazonギフト券2000円分付与されました( ・∀・)

過去に二月末に商品券交換をしたと書きましたが、二月初めの誤りでした(;´Д`)
レシポのポイントで、本日Amazonギフト券2000円分のクーポン番号が届きました。申請して1ヶ月半以上というのはちょっと時間掛かりすぎ(^_^;

過日のテレビ放映を踏まえて、この辺もっと合理的にやっていかないといけないんではないか、レシポさん?
ともあれ、無事にAmazonギフト券番号は送られてきました!( ・∀・)

recipo-20150318_6.jpg

もっと早く届くといいんだけど(´;ω;`) 忘れた頃に届くと思えば継続的にやっていけそうです(^_^;
また、商品券への交換が今まで2000円以上だったのが500円から出来るようになるようです。これは大きいです!




ポイント交換画面は以下のような感じです。
スクリーンショットはずっと前にとりましたが、なかなかポイント付与されず、今日やっと公開しました。

recipo-20150318_1.jpg

recipo-20150318_2.jpg

recipo-20150318_3.jpg

recipo-20150318_4.jpg

recipo-20150318_5.jpg


※余談ですが、今度はカレー及びその材料系のポイント付与が始まりました( ・∀・)
対応商品がこれから増えていくことに期待したいです。

recipo-20150319.jpg



2015/03/25 追記
本日、Amazonで買い物の用事があったので、レシポで付与されたAmazonギフト券番号を入力したところ、ちゃんと適用できました。Amazonポイントがちょっと残っていた分を除いて1168円分がタダでゲットです( ・∀・)ノ
まだ832円残っているので、何か買えそうです(´;ω;`)

recipo-20150325.jpg



2015/03/26 追記
またまた追記です。
レシポにレシート画像を投稿したのに、なかなか審査されなかったり、NGになってしまうことがあります。

これについて、まみーさんから大変貴重な情報を頂き、「なるほど!これが審査を遅れさせる要因だったか」と確信確信できました(´;ω;`)
つまり、レシートと商品写真を一緒に撮影するというものです。

考えてみれば、レシポ運営側はレシートの表記のみを頼りに商品を特定しているわけですから、店舗がPOSで登録した商品名は必ずしも分かりやすいとは言えないですね。
例えば卵が「森林そだち中玉10」とか、チョコレートが「不二家ペコちゃんえんぴつ216」とかです。もう買ってきた当人でさえ「これなんだっけ?」ってなる時があるんですね。これじゃ審査に時間掛かりますよね(^_^;
例えば、分かりづらい例です↓↓↓

recipo_20150326.jpg

「森林育ち中玉10」が卵ってすぐ分からない場合も有るかも知れません。
私の場合、商品の横に赤ペンで印をつけたり、品名を書いたりしてますが、現物写真が一番でしょう!

まみーさんが実施されている、レシートと対象商品現物を一緒に撮影するのは「これはいい!( ・∀・)」と思いましたので、次回から取り入れさせて頂きたいと思います(*´∀`*)




懸賞・プレゼント ブログランキングへ







posted by 美華子愛♪ at 00:15| 福島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 懸賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

【レシポ】レシート写真で商品券をゲットする! 「レシポ」はテレビ放映の影響で現在飽和状態中(;´Д`)

「レシポ」運営も恐らくテレビでどれほどの反響があるのか予想しきれてなかったのだろうなあ。
日本国内に白菜、人参、肉、もやし、納豆、麺類といった食材を買う主婦は五万どころか、数千万といる。特定のメーカーの特定の商品はまだ残っているけど、こうした汎用的(?)なものは根こそぎ上限に達してます。

recipo20150314.jpg

そんな中、レシポはスマホ用の専用アプリを開発中とか。
写真投稿が楽になるなら普及する可能性あるかもしれない。
まだまだスポンサーが少ないようだから、もうちょっと普及して欲しい。



ところで2月末に申し込んだAmazonギフトへの交換がまだ連絡来ないのだが、いつ頃来るのかなあ?


宜しければポチッとお願いします( ・∀・)

人気ブログランキングへ






posted by 美華子愛♪ at 23:53| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 懸賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【C/C++プログラミング】安全なコーディングのために

ここ半年以上C/C++の開発から遠ざかっている。まあ、理由はプロジェクトに依存しますから仕方ない(;´Д`)
とりあえずOJTで新人が犯した危険なコードとか。
どちらかといえば、新人よりも新人を抱えたOJT担当者が理解しておくべき新人の犯しやすい過ち。

☆"=="のタイプミス
ありがちな"=="のタイプミスでハマる厄介なバグを生むため、結構気をつけるべし
if (a = 1) ...
即値やconst/define値を参照するなら左辺に即値・定数を持ってくればコンパイルエラーで検出できる。
if初め条件式で代入式を使用禁止にすればこの不幸は防げる。そうすればMISRAでも採用されているし、最近のQAC++等では難なく検出できる。
if (1 == a) ...

☆真・偽を理解していないと起きる不幸
「真は偽(0)以外の値」ということを理解していないとハマる。 素直にS_FALSEで判断していれば良いが、C/C++で二値はないということをよく理解する。bool型についても意味をよく理解しないといけない。
#define S_TRUE 1
#define S_FALSE 0
...
int result = 10; // こういう代入自体問題だけど(;´Д`)
...
if (result == S_TRUE)...

☆グローバル変数におけるexternの濫用
そもそも、Cで用いるべきで、C++ではクラスメンバ変数としてできる限りグローバル変数の使用を控えるべき。
規模が大きいと、謎のリンクエラーが頻出する要因にもなる。
externを付けるとグローバル変数スコープは、オブジェクトファイルをまたぐ。つまりxxx.cファイルをまたいだアクセスを許す。当然だがexternを付けたグローバル変数と同一名称は1つのモジュール中に1つしか存在できないため、規模が大きなコードで突貫工事を行うと面倒が生じる。externを使うときは主従関係を考えたい。
また、staticを付けたグローバル変数は暗黙としてオブジェクトファイル内にスコープを制限するため、他の開発者から意図しないexternを行われることを避けることが出来る。

☆#defineよりもstatic constのほうがいい(気がする)
最近のコンパイラ、リンカは頭が良い。Effective C++によればstatic constを使うべきとあるが、#defineを使っても即値表示されたりはしない(多分殆どの環境で)。でも、支障が無いならstatic const使った方がいいんではないだろうか。もし問題があるとすればstatic constはバイナリサイズを定数とそのアライメント分最低でも大きくするくらいではないか。
#define STR_HOGE "hoge" // よく使う方法
static const char* const STR_HOGE = "hoge"; // char*(wchar_t*)はconstで参照先も定数化する!

☆"//"コメントは現今のCコンパイラでは許されている
よく「Cでは"/* ... */"コメントしか使えない」というのは昔の話。ただ、何処のプロジェクトも保身的で、特に組み込み系では今も尚 "//"コメントはQACでわざわざはじくようにされてしまっている。
これもEffective C++で触れられていたが相当昔のプリプロセッサが誤解したことによる。
"1 // これは1"が式として評価されてしまうというもので、今は起きないだろう。
#define S_TRUE 1 // これは1

☆複数行コメントのネストは #if 0 で行う
当たり前なんですが、知らない新人がいる。だが、こんなコードはあくまで暫定的でいつまでも#if 0を残しておくこと自体問題。

宜しければポチっとしてください( ・∀・)

人気ブログランキングへ





posted by 美華子愛♪ at 22:05| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。