2015年03月12日

【出会い系詐欺サイト】 オリンピック 株式会社アシスト 注意!

ここ数日、ちまちまとメールが届いています。
軽くネットで調べて貰うと分かりますが、会社の住所が色々と違います。多分ダミー会社で登記されていないと思われます。登記簿を取るまでも無さそうです。
実態が無いと思われるので、金を振り込んだらまず取り返すのは無理です。
そもそも、迷惑メールを送りつけてくるような業者がマトモなわけがありませんので、くれぐれもご注意を!

サイト名:オリンピック
業者名:株式会社アシスト
住所:〒161-0034 東京都新宿区上落合3-31-9
TEL:03-5338-4949
他に、東京都杉並区高円寺南1-31-8 という情報も。移転した?いずれにしても、マンションの一室。そんなところで営業している訳ないねw
インターネット異性紹介事業を杉並署に届け出ていると自称していますが、果たしてどうか?もっとも、この届け出は未成年者保護を観点としているようだから役に立たなそう。警察もこういう届け出を受理するなら、インターネット上から業者の照会を出来る様にして貰いたいものです。
他にも http:// 9.misuta.net/ というサイトを運営しているようです。

olympicnic1.jpg

olympicnic2.jpg

メール例1
From:【携帯.電話】.を.お.使.い.の.お.客.様.へ <gonnji@n9.simone-moro.com>
Subject: =【携帯.電話】.を.お.使.い.の.お.客.様.へございます。 【xxxxx@docomo.ne.jp】をお使いのお 客様は見事特賞900万円を 獲得しております。この度は 誠におめでとうございます。
MIME-Version: 1.0
Date: xxx, xx Mar 2015 xx:xx:xx +0900
Message-ID: <xxxxx.xxxxx@YfuhG0Tk.guT7svA3v2>
Received: from stc-k830.wrbgaig0 ([103.44.209.116])
by mfsmax.docomo.ne.jp(DOCOMO Mail Server Ver2.0) with SMTP id 29e5005a54e39eeaec0e
for <xxxxx>; xxx, xx Mar 2015 xx:xx:xx +0900 (JST)
X-Brightmail-Tracker:
X-DCMSpam: 200
To: xxxxx@docomo.ne.jp
Received: by stc-k830.wrbgaig0 (Postfix, from userid 1002)
id DBE70B80C1; xxx, xx Mar 2015 xx:xx:xx +0900 (JST)
Received: from vxybmamoir.nxmxjanjes (unknown [10.145.36.154])
by localhost (Postfix) with ESMTP id 96104148D4BA
for <xxxxx@docomo.ne.jp>; xxx, xx Mar 2015 xx:xx:xx +0900 (JST)
DKIM-Signature: v=1; a=rsa-sha256; q=dns/txt; c=relaxed/simple;
t=1426117863; s=g20131224; d=zetworld.biz;
h=Date:From:To:Message-ID:Subject:MIME-Version:Content-Type:Content-Transfer-Encoding
Content-Type: text/plain; charset="Shift_JIS"
Content-Transfer-Encoding: base64

/--/
━━━━━━━━

■docomoをお使い頂き誠にありがとうございます。【xxxxx@docomo.ne.jp】をお使いのお客様は見事特賞900万円を獲得しております。この度は誠におめでとうございます。

■ お返事はこちら ■
http:// n.haniwahao.com/xxxxxxxx/xxxxxx/xxxxxx/xxxxxx/xxxxx/xxxxx/xxxx/xxxxxxx/xxxxxxxxxxxxxxxxx
━━━━━━━━
/--/


メール例2
From: 【携帯.電話】.を.お.使.い.の.お.客.様.へ <gonnji@za.610-ikafri.com>
Subject: 【祝★当確!!】おめでとうございます★【 xxxxx@docomo.ne.jp】をお使いのお客様は 見事、特賞の900万円が当確しております。
MIME-Version: 1.0
Date: xxx, xx Mar 2015 xx:xx:xx +0900
Message-ID: <xxxx.xxxxx@rxJ.rFRRpGosv926l>
Received: from stc-k830.wrbgaig0 ([103.44.209.116])
by mfsmax.docomo.ne.jp(DOCOMO Mail Server Ver2.0) with SMTP id 7222007354e39bf8e101
for <xxxxx>; xxx, xx Mar 2015 xx:xx:xx +0900 (JST)
X-Brightmail-Tracker:
X-DCMSpam: 200
To: xxxxx@docomo.ne.jp
Received: by stc-k830.wrbgaig0 (Postfix, from userid 1002)
id 1A943B80DB; xxx, xx Mar 2015 xx:xx:xx +0900 (JST)
Received: from jvehgtov.bbzqymre (unknown [10.78.207.208])
by localhost (Postfix) with ESMTP id A80A5148D462
for <xxxxx@docomo.ne.jp>; xxx, xx Mar 2015 xx:xx:xx +0900 (JST)
DKIM-Signature: v=1; a=rsa-sha256; q=dns/txt; c=relaxed/simple;
t=1426110666; s=g20131224; d=zetworld.biz;
h=Date:From:To:Message-ID:Subject:MIME-Version:Content-Type:Content-Transfer-Encoding
Content-Type: text/plain; charset="Shift_JIS"
Content-Transfer-Encoding: base64

/--/
━━━━━━━━

【祝★当確!!】おめでとうございます★【xxxxx@docomo.ne.jp】をお使いのお客様は見事、特賞の900万円が当確しております。

■ お返事はこちら ■
http:// z.freshwaterclam.biz/xxxxxxxx/xxxxxx/xxxxxx/xxxxxx/xxxxx/xxxxx/xxxx/xxxxxxx/xxxxxxxxxxxxxxxxx
━━━━━━━━
/--/







posted by 美華子愛♪ at 19:02| 福島 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 詐欺商法・商材・迷惑メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Amazon API】BrowseNodeIdトップノード値のメモ (Version=2013-08-01)

必要に迫られてProduct Advertising APIを扱い始めたのですが、AmazonのドキュメントにあるBrowseNodeIdを設定するとどうもエラーになってしまう事がある。どうなってんの?と思って調べてみたら、Amazon公式が昔からおかしい情報を載せている?或いは頻繁に変わっちゃうのだろうか。。。
なにしろ、昨日初めてAmazonAPIをテストしたんで、よくわからんです。
いずれにしてもこれじゃ使えないため、amazon.co.jp、amazon.comだけ取ってみた。HTMLをgrepで軽く整形して取り込んだため、間違って取り込んだり取りこぼしも有るかも知れませんが、あしからず。

☆amazon.co.jp
カテゴリBrowseNodeId
本・コミック・雑誌465392
DVD・ミュージック・ゲーム561958
家電・カメラ・AV機器124048011
パソコン・オフィス用品2188762051
ホーム&キッチン・ペット13938481
食品・飲料・お酒70903051
ヘルス&ビューティー52374051
ベビー・おもちゃ・ホビー344845011
ファッション・バッグ・腕時計2230006051
スポーツ&アウトドア15337751
DIY・カー&バイク用品2016929051


☆amazon.com
カテゴリBrowseNodeId
Unlimited Instant Videos2858778011
Digital Music163856011
Appstore for Android2350149011
Kindle E-readers & Books5916440011
Fire Tablets5916439011
Fire TV2676882011
Fire Phone9425691011
Books & Audible283155
Movies, Music & Games2625373011
Electronics & Computers1266092011
Home, Garden & Tools1055398
Beauty, Health & Grocery3760911
Toys, Kids & Baby165793011
Clothing, Shoes & Jewelry7147440011
Sports & Outdoors2206626011
Automotive & Industrial15684181
Credit & Payment Products3561432011


無事取れるようになったっぽい。
TestAmazon1.jpg





posted by 美華子愛♪ at 03:34| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

【C#】Office Word / Excel / PowerPoint でメタ情報を取る方法のメモ

備忘録
Word / Excel / PowerPointいずれもほぼ同じ方法でメタ情報を取れるが、若干の違いがある。
取れる情報と取れない情報とがある。取れない情報は取ろうとすると例外が発生する。
なお、Application.Quit()に失敗するとWordとかが開きっぱなしになってしまうので注意。

☆依存関係
using Word = Microsoft.Office.Interop.Word;
using Excel = Microsoft.Office.Interop.Excel;
using PowerPoint = Microsoft.Office.Interop.PowerPoint;
using Microsoft.Office.Core;

☆Wordのメタ情報を取る
        public static void ListWord()
        {
            object oMissval = Missing.Value;
            object oFile = @"C:\test\test.docx";
            Word.Application wApp = null;
            Word.Document wDoc = null;
            object oReadonly = false;
            object oSaveChange = false;
            try
            {
                wApp = new Word.Application();
                wApp.Visible = false;   // Wordを非表示にする
                wDoc = wApp.Documents.Open(ref oFile, ref oMissval, ref oReadonly, ref oMissval, ref oMissval,
                    ref oMissval, ref oMissval, ref oMissval, ref oMissval, ref oMissval, ref oMissval,
                    ref oMissval, ref oMissval, ref oMissval, ref oMissval, ref oMissval);
                object builtProp = wDoc.BuiltInDocumentProperties;
                Type builtPropType = builtProp.GetType();
                for (int i = 1; i <= 50; i++)
                //int i = 1;
                {
                    try
                    {
                        object prop = builtPropType.InvokeMember("Item", BindingFlags.GetProperty, null, builtProp, new object[] { i });
                        Type propType = prop.GetType();
                        object propVal = propType.InvokeMember("Name", BindingFlags.GetProperty, null, prop, new object[] { });
                        Console.WriteLine(String.Format("Name  {0} = {1}", i, propVal));
                        propVal = propType.InvokeMember("Value", BindingFlags.GetProperty, null, prop, new object[] { });
                        Console.WriteLine(String.Format("Value {0} = {1}", i, propVal));
                    }
                    catch
                    {
                    }
                }
            }
            catch
            {
            }
            finally
            {
                // 確実にドキュメントのクローズとWordを終了させる!
                ((Word._Document)wDoc).Close(ref oSaveChange, ref oMissval, ref oMissval);
                ((Word._Application)wApp).Quit(ref oSaveChange, ref oMissval, ref oMissval);
            }
        }

☆Excelのメタ情報を取る
        public static void ListExcel()
        {
            object oMissval = Missing.Value;
            string strFile = @"c:\test\test.xlsx";
            Excel.Application eApp = null;
            Excel.Workbook eBook = null;
            object oReadonly = false;
            object oSaveChange = false;
            try
            {
                eApp = new Excel.Application();
                eApp.Visible = false;   // Excelを非表示にする
                eBook = eApp.Workbooks.Open(strFile, oMissval, oReadonly, oMissval, oMissval,
                    oMissval, oMissval, oMissval, oMissval, oMissval, oMissval,
                    oMissval, oMissval, oMissval, oMissval);
                object builtProp = eBook.BuiltinDocumentProperties;
                Type builtPropType = builtProp.GetType();
                for (int i = 1; i <= 50; i++)
                //int i = 1;
                {
                    try
                    {
                        object prop = builtPropType.InvokeMember("Item", BindingFlags.GetProperty, null, builtProp, new object[] { i });
                        Type propType = prop.GetType();
                        object propVal = propType.InvokeMember("Name", BindingFlags.GetProperty, null, prop, new object[] { });
                        Console.WriteLine(String.Format("Name  {0} = {1}", i, propVal));
                        propVal = propType.InvokeMember("Value", BindingFlags.GetProperty, null, prop, new object[] { });
                        Console.WriteLine(String.Format("Value {0} = {1}", i, propVal));
                    }
                    catch
                    {
                        continue;
                    }
                }
            }
            catch
            {
            }
            finally
            {
                // 確実にドキュメントのクローズとExcelを終了させる!
                eBook.Close(oSaveChange, oMissval, oMissval);
                eApp.Quit();
            }
        }
☆PowerPointのメタ情報を取る
        public static void ListPowerPoint()
        {
            string strFile = @"c:\test\test.pptx";
            PowerPoint.Application pwApp = null;
            PowerPoint.Presentation pwPresent = null;
            try
            {
                pwApp = new PowerPoint.Application();
               // pwApp.Visible = MsoTriState.msoFalse;   // PowerPointを非表示にする
                pwPresent = pwApp.Presentations.Open(strFile, MsoTriState.msoFalse, MsoTriState.msoFalse, MsoTriState.msoFalse);
                object builtProp = pwPresent.BuiltInDocumentProperties;
                Type builtPropType = builtProp.GetType();
                for (int i = 1; i <= 50; i++)
                //int i = 1;
                {
                    try
                    {
                        object prop = builtPropType.InvokeMember("Item", BindingFlags.GetProperty, null, builtProp, new object[] { i });
                        Type propType = prop.GetType();
                        object propVal = propType.InvokeMember("Name", BindingFlags.GetProperty, null, prop, new object[] { });
                        Console.WriteLine(String.Format("Name  {0} = {1}", i, propVal));
                        propVal = propType.InvokeMember("Value", BindingFlags.GetProperty, null, prop, new object[] { });
                        Console.WriteLine(String.Format("Value {0} = {1}", i, propVal));
                    }
                    catch
                    {
                        continue;
                    }
                }
            }
            catch
            {
            }
            finally
            {
                // 確実にドキュメントのクローズとPowerPointを終了させる!
                pwPresent.Close();
                pwApp.Quit();
            }
        }





ラベル:C#
posted by 美華子愛♪ at 19:29| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。